• ohata motoko

密かに残念だと思っていること


フレグランスジャーナル社が運営している「香りの図書館」が閉館されることです。

この香りの図書館は、2005年10月の開館以来、”香り・においの学術・文化を守り育てる「香創育」を志す日本唯一のライブラリー”として多くの方々に愛されてきた図書館です。

私も、セミナーやイベントの時に何度か訪れた事がありますが、とにかく香り・匂いに関する膨大な書籍があり、非常に充実した図書館という印象でした。

とても残念です。

わたし自身はあまり本を読まないのですが、香り・匂いに関しては乱読に近いと思います。何より、本の紙の匂いも好きですし・・・。この本の匂いについては、フレグランスジャーナル社主催のセミナーで聴くことができそうですよ。アートと科学のコラボ、大変面白そうです!美術作家の井上先生と東大の白須先生のご講演です。


45回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【速報】また論文が受理されました!(追記しました)

速報です!先日に続き、今日も論文が受理されました!うれしいですね〜! ーーーーーーーー タイトル:Application of integrative physiological approach to evaluate human physiological responses to the inhalation of essential oils of Japanese citrus frui

【速報】論文が受理され、公表されました

速報です!私の研究室の教授である長田和実先生との共著の論文が受理されて、公表されました。 ーーーーーーー タイトル:Changes in gaseous concentration of alkylpyrazine analogs affect mouse avoidance behavior 著者:Osada K., Miyazono S., Ohata M., Noguchi T., Kash