• ohata motoko

香りの科学第12回目 嗅いだ香料


今日嗅いだ香料は4種類でした。前回、小川香料株式会社の宮澤先生にご講演いただいた際、レモンの天然香料、シトラール、リモネンを嗅いでみるという体験がありました。

今日は、それと似たようなことをしました。

ーーーーーー

1,ローズ・アブソリュート・・・バラの天然香料

2,ローズ・・・バラの匂いになるように私が調合してみました。

3,ゲラニオール・・・ローズの匂いを調合するのに使った合成香料のひとつ。バラ様の匂い、フローラル。

4,フェニルエチルアセテート・・・ローズの匂いを調合するのに使った合成香料のひとつ。やさしい(弱い)バラ様の匂い、少し甘いハニーの様な匂い、薬品臭。

ーーーーーー


バラの匂いを調合したものは、我ながらわりとよくできていたと思います。でもやっぱり天然香料の複雑さ、奥深さには全くかないません。。。学生の皆さんは、その違いがわかったようでした。それに、配合されている(もちろん天然香料にも含まれているはずですが)ゲラニオールやフェニルエチルアセテートの単一ケミカルとしての匂いもそれぞれ感じることができたと思います。

それに、今日はお酒類の匂い成分の授業でしたので、ゲラニオールやフェニルエチルアセテートも登場し、体系的に学べましたね!


60回の閲覧

Motoko's Aroma-Lab. 

© 2017 by Motoko Ohata. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey