• ohata motoko

Solvent Assisted Flavor Evaporation (SAFE)について


突然こんな訳の分からないタイトルを見て、驚いた方も多いと思います。これは、「高真空香気蒸留」といって、匂い成分を捕集するための方法の一つになります。

なぜ突然SAFEについて書いているかというと、ウキウキ、わくわく、ドキドキして待ちきれないからです!実は、明日、このSAFEのための高真空ポンプがついに納品されるのです!

SAFEをするためには、主役は二人必要です。一人目がSAFE蒸留装置といって、下の写真のようなガラス器具さん。なんと美しい。見とれるほどの美人です。


食品などから匂い成分を抽出するとき、ピュアに匂い成分だけを取り出すことはまずできません。必ず 、余計なものがとれてきます。しかし、匂い成分を分析するときには、確実に匂い成分を含む揮発性の画分だけにする必要があります。そのときにこの子が活躍してくれるのです。

そして、二人目の主役は、このSAFE蒸留装置に連結させる高真空ポンプさんです。高真空ポンプと連結させることによってこのSAFE蒸留装置内も高真空状態になります。高真空下で揮発したもののみ採取するのです。この二人の連携無くして、SAFEすなわち高真空香気蒸留はできません。

その二人目の主役が明日、私のラボに来ます。待ち遠しくてどうしましょう!

主役二人以外にもいろいろな脇役の器具や装置が必要ですが、首を長くして待っている間、ちゃくちゃくとそろえてきました。きっと秋には役者が全員そろいます。

実は、SAFEについては、常に多くのお問い合わせがあります。使いたいけれど使い方が分からない、持ってるのにどう使えばいいか不明、というような相談が多いです(昔、スペインの研究所を訪れた際にも、SAFEの話をした所、使い方をレクチャーしてくれと言われ、少し教えた記憶があります)。これといったマニュアルが出回っているわけではないですし、私の学生時代のラボが、SAFEを開発した先生と交流を持っていたラボだったので、操作の仕方などは先輩や後輩に教えてもらっており、大変恵まれていました。10年以上もSAFEを使っている私としては、それほど大がかりな操作ではないのですが、初めての方には少々ハードルが高いかもしれません。

高真空ポンプさんが来たら、早速ラボ日記にアップです!


750回の閲覧

Motoko's Aroma-Lab. 

© 2017 by Motoko Ohata. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey